年月を重ねることが証になる。

年月を重ねることが証になる。_f0176239_06382652.jpeg
なじむ家の床は、北海道産のタモを採用します。10年後、20年後の味わいを想像しながら、ご家族の肌感覚で育てていって欲しいと思っています。実は、50年後、60年後の方がもっと楽しみで、私は見ることはできないかもしれませんが、未来に引き継がれていきます。年月を重ねるということは、それだけで何かを証明する証になると思います。居心地や手触りや味わいや、そういう部分を大事に考えていますが、実は省エネの性能や耐震性もとても高いです。昔ながらの技術を大事にしながら、現代の基準もしっかり満たすことがとても大事だと私たちは考えています。
タグ:
by h-miya29 | 2021-02-26 06:53 | 現場(設計監理)

佐賀の小さな建築家。ミヤザキヒロシblog


by h-miya29