もう少しあと少し。

もう少しあと少し。_f0176239_07255479.jpeg
大雨の予報の最中、雨の隙間をぬって足場解体前のチェックに屋根の上に登りました。いつもとは違う角度からの確認もとても好きな作業です。外壁の塗装の細かいところやその他のチェックを済ましました。なじむ家は、いろんな水害対策を取り入れましたが、向こう三軒両隣の方々に配慮する工夫も随所にしております。特に、高さを抑えて町並みに馴染ませることができたことはとても良かったと思っています。さあ足場が外れて世に放たれる日も近いですね。
もう少しあと少し。_f0176239_07052577.jpeg
さて内部ですが、細かい作業の多いインテリアですので大工さんたちの手仕事が随所に散りばめてあります。ここは玄関横の玄関クロークへの入り口。とても潜りたくなるようなデザインになります。
もう少しあと少し。_f0176239_07052484.jpeg
旦那さんの趣味室もだいぶ形が見えてきました。コーナーにはいよいよ大きな水槽がイメージできるようになってきました。
もう少しあと少し。_f0176239_07052496.jpeg
そしてこの奥のお部屋が、奥さまのワークスペースです。入り口もこれからアーチにして、躙口のようなデザインに造作していきます。内部に入って確認しましたが、囲われ感がとても良かったです。
もう少しあと少し。_f0176239_07052465.jpg
ここは寝室の窓ですが、勾配の屋根がそのまま窓に差し込まれる感じもとても良くできていると思います。
もう少しあと少し。_f0176239_07052411.jpeg
そしてこういった細かい細工も大工さんたちに柔軟に対応していただいています。
もう少しあと少し。_f0176239_07052588.jpeg
活躍する道具たち。現場はワクワクすると同時に、実際に確認することの大事さも教えてくれます。そして、リモートが進む世の中ですが、フェイスtoフェイスのコミュニケーションの大事さも教えてくれます。現場は順調に進み、いよいよ下地処理が終われば一気に出来上がった感じがしてきます。もう少しあと少し引き続き丁寧に進めたいと思います。


by h-miya29 | 2021-07-10 07:20 | 現場(設計監理)

小さな建築家の唄/ミヤザキヒロシ


by h-miya29